• ホーム
  • お見合いが結婚相談所としてビジネスになっている

お見合いが結婚相談所としてビジネスになっている

昔は親族や知り合いが仲介してお見合いをし、そのまま結婚が決まっていくのが普通でした。
時代は変わり、好きな人と恋愛をして結婚を決める恋愛結婚が主流になっています。
ただし皆が恋愛結婚出来る訳ではなく、中には異性と出会う機会がない、異性に上手くアプローチ出来ないといった理由から結婚が縁遠くなっている人もいます。
そういった人達の中には、出会いを求めるべく婚活に励む人も多いのですが、様々な婚活方法の中でも人気があるのが結婚相談所です。
結婚相談所はいわゆる昔のお見合いをビジネスにしたものです。
親族や知り合いに変わって結婚相談所が仲介してお相手を紹介していきます。
入会している多数の異性の中から条件を元に探していけるので、理想の相手に出会いやすいといメリットがあります。

結婚相談所入会後の流れですが、始めにカウンセリングが行われ、どのような相手と結婚をしたいのか、結婚後はどんな生活をしたいのか等を整理してプロフィールを作成していきます。
その時に同時に写真撮影を行う所もあります。
この写真はお見合いにおける釣書に使われるものなのでとても重要です。
普段のスナップ写真を提出する人もいますが、女性などはプロのカメラマンに綺麗に撮ってもらいたいと利用する人も多いです。

お相手紹介のサービスは結婚相談所によって異なります。
入会の際に作ったデータを元にパソコンで自動的にマッチングし、条件に合った相手を紹介する所もあれば、会員自身がパソコンで指定のサイトに入り、自由に検索して探せる所もあります。
また昔ながらのお見合いのように、仲人がその人となりを見て会員に合いそうな相手を探して紹介するスタイルも健在です。
いずれの方法も自分が理想とする条件に絞った中から相手を探せるので、結婚後の生活も想像しやすくなります。
さらに結婚相談所での出会いは、お互いに入会している目的は一緒なので、お付き合いが始まれば結婚が決まるのも早いです。
お互いに変な駆け引きをする必要がなく、効率的に結婚相手を見つけられるのです。

ただしメリットばかりではありません。
結婚相談所はお金を支払い、相手を探すサービスです。
この金額が高いのがデメリットです。
最終的に結婚が決まれば良いですが、中には長年在籍してもお相手が見つからず退会する事になる人もいます。
こうなるとリスクは高いので入会する際は慎重になりましょう。
また仲介してくれる仲人やアドバイザーの存在は有難いと感じる人がいる反面、自由に活動したい人にとっては窮屈さを感じてしまう事もあります。